和服の貸し出しについて

和服貸し出しの注意点

正座

日本では、時代の変化に伴い、普段着として着物を着用する人はほとんどいなくなりました。しかし、現在でも振袖などの着物を着用する日はあります。ハレの日と呼ばれているめでたい日には、振袖などの着物を着用する人が多いです。しかし、普段着や頻繁に着用するわけではないのでレンタルで振袖などを着用する人が多いです。振袖をレンタル利用する際には、レンタル期限について注意しましょう。利用価格が安くてもすぐに返却する事や期日に遅れれば延滞金が必要となるなどがあるので、借りられる期限が余裕があることが望ましいです。またレンタルをして返却する際の状態についてですが、利用者が自分でクリーニング店に出してから返却をするのか、クリーニングしなくてもよいのか確認することが必要です。

和服貸し出しの豆知識

振袖をレンタルする際、付属の特典などについても調べておきましょう。振袖を利用するのは、多くはハレの日であり、記念となる日です。そのため、写真を撮影することが多いです。レンタルした人は、振袖を着用しての写真撮影が無料となるなどの特典があります。振袖を着用した当日は、落ち着いた表情で写真撮影をすることができないため、前撮りをすることができるなどの特典が付いているかです。また、レンタル終了後は、他の着物類の貸し出し料金も割引になるかなどです。振袖利用後は、袴をレンタル利用する際にその料金が安価であるかなどです。レンタル料金を支払うことで、その後様々な特典がある店舗も多いです。店舗ごとの特典を知り、どこで借りるかを決めると良いでしょう。

TOP